saiの腐女子日記 garparty.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

腐女子の色々な萌えを心の限り(笑)、叫んでいる日記で御座います。


by garparty
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

赤石岳・悪沢岳


赤石岳・悪沢岳(3泊4日)へ行って来ました。

1日目:関西~畑薙ダム~椹島ロッジ(泊)

この日はほぼ移動。
関西から静岡なので近いかと思いきや、高速を降りてからがめちゃくちゃ長かったです。畑薙ダムからは自家用車の乗り入れが禁止されているらしく、送迎バス(?)へ乗り換え。
がったがたの道路を1時間ほど進んで行くと椹島ロッジに到着しました。

椹島ロッジでの夕食。
不思議な食感と言うか、味が多かったです。

c0225896_22534888.jpg


2日目に続く。



[PR]
# by garparty | 2018-08-20 22:55 | 旅行

4日目:太郎平小屋~折立~立山~関西

太郎平小屋を出発し、下山します。

◆ちょっと遠目ですが、ニッコウキスゲの大群。

c0225896_21165558.jpg

◆五光岩ベンチで休憩。
振り返ると太郎平小屋が遠くに見えました。

c0225896_21201322.jpg

c0225896_21211808.jpg

◆下山中に見た花。
すでに咲き終わっているモノもあったり。

c0225896_21242172.jpg

◆アラレちゃん
休憩場所となっている所です。去年よりも周辺が綺麗になっていました。感謝!

c0225896_21360978.jpg

◆壁一面のモウセンゴケ。凄かったです。

c0225896_21273042.jpg

3時間ほどで下山。
この後、別のコースへ行ったパーティと合流し、温泉に入って帰りました。

諸先輩方に「これがいいよ」、「アレがいいよ」と色々聞いてはいるのですが、やはり実際に自分で体験しないとダメですね。
① 真夏は最低2Lの水は必要と言われていましたが、今回は2.5L持って行っても足りなかった。
→長時間(12時間)コース+猛暑だったので仕方ないのですが、用心の為に水の補給が出来る時はしておいた方がいいです。マジで。必要無い場合は捨てればいいけど、無い場合はどうしようも出来ないので。
② ゼリー飲料など水分多めの行動食は必須。ちょっと重くなるけど、果物の缶詰もいいかも。
③ 縦走したら筋肉痛にはならないと言われたけど、普通に筋肉痛になる。事前のトレーニングは念入りに!!!
試行錯誤繰り返して次の登山に備えます。がんばります!( *• ̀ω•́ )b グッ☆

[PR]
# by garparty | 2018-07-29 22:18 | 旅行

3日目:スゴ乗越小屋~ニセ薬師岳~薬師岳(2,926m)~薬師岳山荘~太郎平小屋

◆スゴ乗越小屋で朝食。
ごはん、お味噌汁のお代わりは自由。身欠きニシンの甘辛煮が美味しかったです。

c0225896_22553130.jpg

◆ニセ薬師岳付近から見た風景(・・・たぶん)

c0225896_23052382.jpg

◆薬師岳へ向かってがんがん登って行きます。

c0225896_23055409.jpg

◆薬師岳(2,926m)。
山頂には祠があります。此処でしばらく休憩。天気が良過ぎて直射日光が痛かったです(日焼け止め追加)

c0225896_23063995.jpg

c0225896_23065299.jpg

◆薬師岳山荘まで下ります(赤い屋根が山荘)
近いように見えて、実際にはかなりの距離がありました。

c0225896_23095778.jpg

◆薬師岳山荘
コカコーラ600円、トイレ(綺麗)の使用料300円と全体的にちょっとお高め。此処で昼食を取りました。

c0225896_23105032.jpg

◆薬師岳で見た花々。

c0225896_23121326.jpg

c0225896_23121972.jpg

◆太郎平小屋。今日の宿です。

c0225896_23125936.jpg

◆私たちの泊まった部屋の前が、山岳警備隊、救助隊の部屋、兼、救護室。

c0225896_23142917.jpg

◆太郎山
せっかくなので、元気な女性陣だけで太郎平小屋のすぐ近くにある山(丘?)へ登りました。

c0225896_23162567.jpg

◆太郎平小屋前からの夕日。

c0225896_23172430.jpg

最終日4日目に続く。

[PR]
# by garparty | 2018-07-25 23:18 | 旅行

2日目:雷鳥荘~浄土山(2,813m)~ザラ峠~五色ヶ原~越中沢岳~スゴ乗越小屋

雷鳥荘を4時に出発。白々と夜が明けかけていたので、ヘッドライトは要らないかな?と言う感じでした。
やはり太陽が完全に出るまでは寒かったです。

◆立山・一の越山荘
此処で一旦、トイレ休憩。

c0225896_21424587.jpg

◆浄土山2,831m(・・・たぶん)
ピークが何箇所もある上、「頂上は此処!」と言う目印が無かったので(言い訳)

c0225896_21540700.jpg

◆旅行の1週間前に大雨があったので、だいぶ流れたらしいのですが、まだかなりの雪が残ってました(2018年7月中旬)

c0225896_21570022.jpg

◆ザラ峠
足元がザラザラして落石しやすいので、注意が必要。写っているのはリーダーです。

c0225896_22001354.jpg

◆雷鳥
五色ヶ原の木道でひょっこり顔を出しました。人間を警戒する事なく、ゆったりと過ごしてました。

c0225896_22095046.jpg

◆五色ヶ原
小さく見えるのが五色ヶ原山荘。此処で水の補給をしていきます。あまり減っていなかったので500mlしか補給しなかったのですが、これがのちに悲劇を生みだします(不穏な言い方)

c0225896_22100559.jpg

◆途中で見た高山植物。日当たりによって、咲いている花がまちまちで色んな種類を見る事が出来ました。

c0225896_22121159.jpg

c0225896_22121781.jpg

◆越中沢岳(2,591m)
この辺りで、具合の悪くなった人(暑さ+脱水症状+シャリバテ)が1名出ました。
この日はかなり蒸し暑かったので仕方ないとは思うのですが、予定時間よりも遅れ気味 → 疲れる → 水が不足してくると言った悪循環に陥り、パーティ全体が良くない傾向に。

c0225896_22140540.jpg

幸い、山小屋まで後1ピッチと言うところに雪渓があったので水分の補給は出来ました(自己責任ですが ← お腹を壊す可能性あり)
リーダーから「此処で具合の悪くなった人の体力を回復してから向かうから、皆を連れて山小屋へ行ってて」と言われたので、皆といっしょに今日の宿泊場所になるスゴ乗越小屋へ向かいました。この時点で16時くらい。めちゃくちゃ遅いです(山小屋到着は14時~15時までが最低ライン)
しかし、急がなければならないのですが、皆の足取りが遅い。私は無駄に元気だったので(笑)、「先に行って手続き済ませておきますね!」と断ってから約40分を駆け上りました(最後の登り。1ピッチ)
登りきると工事をしている方が、「団体さん来ないらしいよ。大丈夫かな?」と噂されていたので、「それ我々です!」と言ったらビックリされてました。どうも心配されていたらしい。小屋の人に事情を説明し、宿泊場所(カイコ棚/1人1畳)と食事は確保出来ました。

◆スゴ乗越小屋
現在(2018年7月中旬)、周辺はヘリポート建設とトイレの設置で工事中。小屋の床が反り返っていたので、「小屋も建て替えるのでしょうか?」と聞くと「小屋は比較的新しいよ」との返事。
そ、そうなのか・・・( ̄∇ ̄;)

c0225896_22364467.jpg

しばらくして心配していたリーダーと具合の悪くなった人も無事に到着しました。リーダー曰く、「あそこで雪渓が無かったら、ビバークしようと思ってた」との事。そんなに?!
水は大事だな、と痛感しました。夏山は最低2リットル必要と言われていたので、よく飲む私は2.5リットル持って行ってたのですが(歩行時間約9時間+休憩2時間のロングコース)、それでも足りなかったです。

◆スゴ乗越小屋の夕食
皆、疲れ果てていたのですが、蕎麦とか揚げ物、野菜などがたっぷりの夕食だったので、ぺろっと食べてしまいました。美味しかったです!
消灯は20時(早い!)

c0225896_22384690.jpg

3日目に続く。

[PR]
# by garparty | 2018-07-21 22:43 | 旅行

花の五色ヶ原から薬師岳縦走(3泊4日)へ行って来ました。

1日目:関西~立山~室堂~雷鳥荘

この日はほぼ移動。
別ルートへ行くチームと立山で別れ、我々はケーブルカー+バスで室堂まで向かいました。

◆雷鳥荘
室堂からみくりが池、血の池を過ぎたら雷鳥荘があります。一応、山小屋になるらしいのですが、民宿っぽい感じ。お風呂も入れます。

c0225896_23030123.jpg

◆雷鳥荘での夕食

c0225896_23061219.jpg

◆雷鳥荘から見た夕焼け

c0225896_23063634.jpg

2日目は長時間歩く為(予定9時間+休憩2時間=約11時間)、この日は早めに就寝。翌日は3時起床の4時出発になりました。

2日目に続く。

[PR]
# by garparty | 2018-07-19 23:09 | 旅行