saiの腐女子日記 garparty.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ハングオーバー!!!最後の反省会


トッド・フィリップス監督の映画、「ハングオーバー!!!最後の反省会」を観に行って来ました。

念願だったキリンを購入し、有頂天になっていたアラン(ザック・ガリフィアナキス)だったが、高架橋に激突したキリンの頭部が吹っ飛んだせいで大事故を引き起こしてしまう。この事が引き金となり、アランの父親シド(ジェフリー・タンバー)は心臓発作(?)を起こして亡くなってしまった。

以下、ネタバレあります。



「生涯の伴侶(アラン談)」だったシドのお葬式で天使の歌声を披露するものの、以前にも増して妙な言動が目立つアランに対し、義兄であるダグ(ジャスティン・バーサ)は、友人のフィル(ブラッドリー・クーパー)とステュ(エド・ヘルムズ)に相談し、彼を治療施設へ入れたいと相談。ダグ、フィル、ステュ、そして、周囲の人たち(母親、姉、幼馴染、メイド、遊び仲間)の説得もあり、アランは入る事に(泣く泣く)同意する。
ダグ、フィル、ステュはアランを治療施設へ送る為に車を走らせていたのだが、突然、謎の集団に襲われ全員が拉致されてしまう。謎の集団の正体は、大物ギャングのマーシャル(ジョン・グッドマン)とその一味だった。マーシャルは、アランとメル友のレスリー・チャウ(ケン・チョン)を見つけ出し、マーシャルから盗んだ金塊を取り戻すように命じる。ダグは人質に捕らわれてしまう。
対策を考えている最中、アランの携帯へチャウからのメールがあり、刑務所を脱獄した彼がメキシコのティアワナに居る事が分かる。フィル達はチャウを薬で眠らせて拉致しようと考えていたのだが、あっさりと見破られてしまう。事情を説明すると、チャウがマーシャルから奪った金塊は、以前、彼が所有していた邸宅の地下にあるワインセラーの壁の奥へ隠してると言う事が判明する。
チャウと3人は、旧チャウ邸へ盗みに入る。金塊を運び出すのに成功し、後はこれをマーシャルへ届ければ万事解決と言う時、チャウが3人を裏切り、わざと警報装置を作動させて1人逃げてしまった。3人は地元警察に捕まってしまうのだが、旧チャウ邸の現在の持ち主が訴えを退けてくれたので、無罪放免となった。その持ち主の名はマーシャル。チャウは再びマーシャルの金塊を盗んで行ったのだ。
フィルの携帯のGPS機能でチャウがラスベガスへ行った事が分かる。質屋(?)のキャシー(メリッサ・マッカーシー)、ステュの元妻ジェイド(ヘザー・グラハム)の協力により、チャウが「シーザーズ・パレス」の最上階で乱交パーティをしているとの情報が入り、フィルとアランは忍び込むのだが、パラシュートで逃げられてしまう。しかし、車で待機していたステュが彼を捕らえるのに成功。
3人はダグと引き換えにチャウを差し出すのだが、アランの機転(友情?)によりチャウはマーシャルを返り討ちにして危機を脱出する。チャウはお礼にとアランへ金塊を渡そうとするのだが、アランはこれを拒否。友達付き合いも止めると宣言する。
アランはそのまま1人でラスベガスへ残ってキャシーと付き合い、半年後に結婚。ダグ、フィル、ステュはアランの成長をたくましく思い、2人の門出を祝福して結婚式を迎えるのだが、翌日、皆を待っていたのは3回目となるハングオーバーだった。

キリンの頭が吹っ飛んで、ファミリーカーのフロントへ突っ込むシーンは凄かったです。
この事故(事件?)がきっかけで、シドはお亡くなりに・・・ (´・ω・`)
「父が先に死ぬなんて。先に死んで欲しい人はたくさん居るのに・・・母とか」と皆の前で話すアラン!オイ、コラ!!
周りを固めて説得に当るダグ。さすが、長い付き合いだけの事はあります。
パート1で、アランにエクスタシーと間違えてルーフィを売った売人黒いダグ(マイク・エップス)がマーシャルの部下で登場。
チャウとアランは今もメル友らしい。
医師免許を剥奪されそうになりながらも(言動が怪しかった為)、睡眠薬(?)を購入するステュ。
再会したチャウの頬っぺたへちゅーするアラン・・・もしかして、デキてる?(全く萌えませんが)
旧チャウ邸は、めちゃくちゃ豪華!!!
意外と言うか、予想通りと言うか、非力なチャウ。力仕事はフィル担当。
金塊を盗まれた+愛犬を殺された(チャウが殺した)責任を取らされ、黒いダグはマーシャルに射殺されてしまう。
「2度とベガスには足を踏み入れないと思っていたのに~」と嘆くステュ。
意外なカップル、アランとキャシー誕生!しかし、キャンディーのやり取りのくだり(舐め捲くったキャンディーを舐めさせる)にはステュじゃないけど、えずきそうになりました(笑)
ジェイドは外科医の旦那様と結婚し、第二子を妊娠中だったのですが、元夫ステュの頼みで昔の仕事仲間に連絡をとってくれました。良い人!
その間、アランはジェイドの息子カルロス(本名:タイラー)から、「僕のお父さんなの?」と聞かれ、「うん」と答えてました・・・って、オイ!!!
チャウが居るのは、シーザーズ・パレスの最上階だった為、屋上からシーツを垂らして潜入。
フィルは成功するのだが、アランは失敗。看板に引っ掛かった状態のアランは、「此処に居る」と言い張るのだが、フィルの「俺の胸(所?)へ飛び込んで来い!」と言う言葉に目の色変えてました。フィルが好きなのね、アラン(笑)
「コカイン最高!」と叫びながら、ホテルからパラシュートで飛び降りるチャウ。
車のトランクへ突っ込まれるチャウ。パート1もそうでしたよね・・・。
アランのおかげで難を逃れるチャウ。長時間トランクへ入れられていたのにめちゃくちゃ元気。
愛する人(キャシー)の為、チャウとの決別を決心するアラン。
アランは、ダグと姉のHを何度も覗き見しているらしい(あかんやろ)
冒頭、フィルが「治療施設などに入らなくても、好きな人が現れればアランは変わる」と言っていたのですが、その通りになりました。
結婚式の翌日、ハングオーバーになった4人。ダグは居なかったのですが(閉じ込められているのか、捕らえられているのか、無事なのかは不明)、アラン、キャシー、フィルはいいとして、縁を切ったハズのチャウは居るし、ステュは豊胸していました。ど、どう言う事?!

最後を飾るのに相応しい映画でした。とっても面白かったです!お勧め!!ヾ(≧▽≦)ノ
[PR]
by garparty | 2013-07-04 23:48 | 映画