saiの腐女子日記 garparty.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

TRICK ~ラストステージ~


「TRICK ~ラストステージ~」を観に行って来ました。

天才物理学者・上田次郎教授(阿部寛)の元に村上商事の加賀美慎一(東山紀之)から、レアアースの採掘権を獲得したのだが、その地域ムッシュム・ラー村の住民と彼らが信奉する呪術師(水原希子)が、「聖なる土地を他の者に渡すわけにはいかない」と立ち退きに応じないので、呪術師のトリックを見破って欲しいとの依頼を持ち掛けられる。

以下、ネタバレあります。



呪術師に呪いを掛けられたと言う村上商事のレアアース事業部長・有田雄一演(石丸謙二郎)が上田と加賀美の前で謎の突然死をしてしまう。
不審に思った(ビビった)上田は、TV局の脱出マジック・ドッキリに引っ掛かって本人の意向とは別の方向で有名になってしまった売れっ子巨乳マジシャン(自称)山田奈緒子(仲間由紀恵)をタダで海外旅行へ行けると巧みに誘い出す。
加賀美、岩熊金属鉱業の資源開発者・川島治道(中村育二)、医師の谷岡将史(北村一輝)らと共に呪術師の住むムッシュム・ラー村へ向かう上田と山田だったのだが、その道中、毒虫に刺された上田が高熱を出して倒れてしまう。谷岡が治療するのだが改善しないまま村に到着すると、一向を待ち受けていたのは呪術師から「病人を連れて来るように」との指示を受けた村人たちだった。
呪術師の力によって上田は復活したのだが、山田は村に到着してからずっと「ツングースカ大爆発」の様な、空中で爆発する夢にうなされる。
呪術師は、村人を殺した川島、そして、自分に向かって銃を撃った谷岡を呪いによって制裁を与える。上田と山田は加賀美が共犯だった事を見破る。彼は重病で医師からも見放されていた娘の命を救ってくれた呪術師に恩義を感じ、上田を利用してこの事業計画を頓挫させようとしていたのだ。
一連の事件は解決したかに見えたが、谷岡に撃たれた傷が原因で呪術師は亡くなってしまう。呪術師から加賀美の娘を渡す為の薬草、そして、これから起きる災害から村人を救ってくれるように頼まれた山田は、上田に原因不明の地震が頻発している理由を話す。
ムッシュム・ラー村の地下にはガスが充満しており、それが地上へ噴き出した際、静電気で自然発火して大爆発を起こして災害を引き起こすのだが、それを阻止する方法はたった1つ。地下深くへ降りて行き、充満したガスに火を付ければいい。その役を引き受けてきたのが呪術師だと言うのだ(壁画に描かれていた)
山田は、皆を救う為に上田の制止を振り切り、1人地下へ降りて行って火を付けると大爆発が起こる。
1年後、上田は「我こそは、本物の霊媒師(超能力者?)だと言う者が居れば、賞金を与える」と発表する。何故そんな事をしたのかと言うと、地下へ降りていく前、「1年後、必ず行くから食事を奢れ」と山田が言っていたからだった。
しかし、本物の霊媒師は現れないまま日付が変わろうとしたその時、髪の長い1人の女性が上田の目の前に現れる。その女性は上田の前で封筒の中に入れたハズのコインが無くなってしまうと言う奇跡(マジック)を披露。それを見ている上田の瞳には涙が・・・そう、その女性は山田奈緒子だったのだ。

冒頭の語りは、フーディーニ。亡くなる前、妻ベスに対して「死後の世界があるのなら、1年後必ず連絡をする」と言い残したのだが、何の変化も感じ取れなかったと言う話。
山田はドッキリで有名になっていた。後、楽屋に置いてあったお菓子をくすねた件でも(笑)
村上商事・・・素晴らし過ぎる!!!
村上商事は経費削減し捲っているせいか、中身はかなりショボイ会社だった。
有田が目の前で亡くなったのを見て、ビビる上田が可愛い。
谷岡はオネエで、上田に迫ってた。北村さんみょーにオネエが似合う(笑)
ムッシュム・ラー村へ行く前に寄った村の子供たちに「私、ムネ大きい」と言うゼスチャーをしながら、「だます」の現地語を教えて貰っていました(涙)
上田さんの腰に肉まんが!?
呪術師によって完治した上田。異常に元気になる(←薬草のせい?)
加賀美さんがフリフリのエプロンで食事を作ってた。違和感無し!(笑)
加賀美さんに「先に食べて下さい」と言われる前にモリモリ食べだす上田&山田。
有田が死亡したのは、持病(心臓病)の薬を入れ替えられていたせい。
川島が死亡したのは、口の中に切り傷があるのに毒の入った水を飲んだから(切り傷を付けたのは加賀美)
谷岡が死亡したのは、首筋に特殊な匂いを放つ吹き矢を撃たれ、虫やコウモリに大量に襲われたせい。
上記の3人が死亡したのは、ある意味自業自得。
超能力者や霊媒師など不思議な力を持つ人間は存在しない。呪術師や山田も人より鋭い感覚を持っていただけ。予知夢っぽいのを見たのも、びみょーな揺れから感じ取っていた。
矢部(生瀬勝久)と秋葉(池田鉄洋)が珍しく真面に仕事していた!もっとも、1年後はまた仕事をしているフリをしながら温泉に浸かってましたが(笑)
記憶喪失になった女性を発見した一報が矢部と秋葉の元へ入り、警視総監の娘・御手洗未来(畠山彩奈)に行くように命じられる。
真夜中、上田の前に貞子現る?!怖っ!
コインマジックを披露する山田を泣き笑いの表情で見詰める上田。゜゜(´□`。)°゜。

フーディーニの件、そして、冒頭の山田が引っ掛かったドッキリが鍵となっていました。地下へ降りて火を点けて爆発を引き起こした後、山田特有の叫び声(ふぎゃー)が聞こえて来たので、抜け道(爆発で出来た穴?)から川(海?)へ落ちたと思われます。
爆発で頭を強打したせい(?)で記憶喪失になり、上田と過ごした14年間の事は忘れている様ですが、その内に思い出すのかな?・・・まぁ、無理に思い出さなくても「人の性格はそうそう変わるモノじゃない」と里見さん(野際陽子)も言っているので、上田と山田の関係も元通りになる事でしょう!(笑)
赤道スンガイ共和国建国の母が、スンガイ=キン(菅井きん)だったり、「アニイ!アニイ!!」と石原(前原一輝)が登場したりして、TRICKファンには懐かしさ&見どころ満載の映画でした。
これでラストと言うのは寂しいですが、里見さんの書道教室の生徒が書いていた文字(笑)に期待したいと思います。面白かった!お勧め!!
[PR]
by garparty | 2014-02-02 01:29 | 映画