saiの腐女子日記 garparty.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ワールズ・エンド


サイモン・ペッグ&ニック・フロスト主演、エドガー・ライト監督作品「ワールズ・エンド~酔っ払いが世界を救う~」を観に行って来ました。

1990年6月22日、イギリス郊外にある田舎町ニュートン・ヘイヴン。高校卒業を祝って5人の少年たちは12軒のパブをはしご酒する「ゴールデン・マイル」に挑戦するのだが、脱落者が続出し、後少しと言う所で達成出来なかった。それから20年後、40歳となったゲイリー(サイモン・ペッグ)はある決意を胸に旧友たちの元を訪ねて廻る。

以下、ネタバレあります。



ゲイリーは、ゼネコンで働くスティーブン(パディ・コンシダイン)、自動車ディーラーのピーター(エディ・マーサン)、不動産会社で働くオリヴァー(マーティン・フリーマン)、そして、法律事務所で働くアンディ(ニック・フロスト)を「母親が亡くなったから・・・」とウソを吐き、故郷ニュートン・ヘイヴンへ誘い出します。
ゲイリーは、ルール(1晩に5人で12軒のパブをはしごする。1軒のパブで1杯のビール)を決め、「ゴールデン・マイル」に再挑戦するのですが、禁酒をしているアンディだけはビールではなく、水を飲み続けていました。
たまたま故郷に帰っていたオリヴァーの妹サム(ロザムンド・パイク)との再会もあり、最初は懐かしさもあって盛り上がっていた5人でしたが、故郷の人たちのよそよそしさ、そして、ゲイリーの「俺が自由でうらやましいんだろう?」と言う大人げない言動に腹を立て(特に、アンディが)、4件目辺りから不穏な空気が漂い始めました。
ゲイリーがトイレへ入ると、次いで無愛想な少年が入って来たので話し掛けるのですが、少年はガン無視。怒ったゲイリーが掴み掛かると、少年はかなりの強さで反撃。焦ったゲイリーが少年の頭を掴んで揺さぶると胴体からスポンと抜け、首からは青い液体が流れ出て来てパニック。
一方、ゲイリーの母親が亡くなったと言うのがウソだったと分かり(母親からゲイリーの携帯へ着信あり)、4人がトイレへ向かうとゲイリーは首の無い胴体と格闘していました。少年の加勢がやって来たので大乱闘し、結果、ゲイリーたちが勝利します。少年たちの正体はかなり精巧に作られた(?)ロボットでした。
この町に居る全員が怪しく見えて来たので車で逃げようとするのですが、5人中4人が飲酒をしていた上、頼みの綱のアンディまでもがパニックを起こして5人分の酒を一気飲みしてしまった為、このまま気付いていないフリをして「ゴールデン・マイル」を続ける事になりました。
サムも加わり、6人でパブ巡りを続けるのですが、途中、脱落してしまったピーターやオリヴァーを含むロボットの団体に追われるハメになってしまいます。サムを車で逃がし、アンディやスティーブンの制止を振り切って「ゴールデン・マイル」達成に向けて進むゲイリー。
ゴールのパブ「ワールズ・エンド」にたどり着くと、そこは何故かロボットたちの秘密基地になっていました。ロボットをこの町へ送り込んだのは宇宙人(ネットワーク)。地球人たちのレベルの低さを哀れに思った宇宙人は、試験的にニュートン・ヘイヴンで人間とロボットの入れ替えを始め、地球を支配しようとしていたのです。
宇宙人は、若い頃のゲイリー(ロボット)を登場させ、「昔の自分に戻れる」と懐柔しようとするのですが、ゲイリーは自らロボットを壊して拒否します。すると、宇宙人は地球の支配を諦めて、去って行ってしまいました。宇宙人は、「ワールズ・エンド」を含むニュートン・へイヴンを大爆破するのですが、サムが戻って来てくれたおかげで、ゲイリー、アンディ、スティーブは車へ乗り込む事が出来て脱出に成功。ギリギリでしたが、助かりました。
宇宙人(ネットワーク)が去り、それに頼らない生活を始める地球人。家族と離れていたアンディは再びいっしょに暮らし始め、ピーターとオリヴァーはロボットのままですが以前とあまり変わらない生活、スティーブンとサムは同棲を開始してラブラブ状態、そして、ゲイリーは4人のロボット(アンディ、ピーター、オリヴァー、スティーブン)と共に旅に出ているのでした。

昔のゲイリーはイケメンだった(笑)
同窓会コメディ+SF+無責任なアーサー王物語がコンセプトらしい。
サムのモデルは、今でも連絡を取り合っているエドガーの元カノ。
都会から遠く離れたニュートン・ヘイヴンのパブにも忍び寄るスタバ化(チェーン店になっている)
スティーブンは20代の女性と同棲しているが、学生時代からずっとサムに惚れていた。
サムは若気の至りで、ゲイリーと寝た事がある。
ゲイリーはアルコール依存症。
オリヴァーは1人でトイレに行った時にロボットに乗っ取られた(たぶん)
ピーターの実家は金持ち。
ロボットが青い目を光らせながら追って来るシーンが怖い。
宇宙人の声は、ビル・ナイが担当。
ガイ(ピアース・ブロスナン)が無駄にイケメンオーラを発揮してた。
宇宙人曰く、平和な秩序(侵略)を喜んで受け入れる人も居れば、それを頑なに拒否する人も居る。ゲイリーは勿論後者。変化を恐れていたのもあると思うのですが、「自由な生き方」が根底にあったから。
ニュートン・へイヴンが爆破されたのはいいんですが、他の住民は?
幼馴染が変化していく(大人になっていく)中、アルコールに逃げていたゲイリー。しかし、宇宙人が去った後の世界ではアルコールではなく、水しか飲んでいないのに生き生きしていました。
トレイラーを観ずに行ったので予想外の展開に驚きましたが、面白かったです。お勧め!!!
[PR]
by garparty | 2014-04-18 23:57 | 映画