saiの腐女子日記 garparty.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

テルマエ・ロマエⅡ


「テルマエ・ロマエⅡ」を観に行って来ました。

斬新なテルマエ(浴場)を作った事で一躍有名になった浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、コロッセオで戦うグラディエーターを癒す為のテルマエ建設を命じられるのだが?

以下、ネタバレあります。



その1)グラディエーターの為のテルマエ
お相撲さんが集まる先頭にタイムスリップして来たルシウス。
お相撲さんを見て、「頭にズッキーニ(ちょんまげ)を乗せている!」とめちゃくちゃ驚いていましたが、すぐに順応していました(早いな・笑)
足ツボボード、マッサージチェア、入浴剤を体験したルシウスはそれらを取り入れていましたが、どう考えてもマッサージチェアは無理があるだろ。頭にズッキーニを乗せた琴欧洲がゲスト出演。コロッセオに座布団が舞っていたのは壮観です。

その2)子供の為のテルマエ
平和になった事で子供が増えた為、子供が楽しめるようなテルマエ建設を依頼されたルシウス。彼がタイムスリップして来たのは、屋内温泉施設「ユートピア」でした。
ウォータースライダーやシャボン玉などを取り入れてました。子供だけではなく、大人も楽しめるテルマエ完成。

その3)ユートピア&ケイオニウスの為のテルマエ
ハドリアヌス帝(市村正親)より温泉郷となるテルマエ建設を依頼されたルシウスだったが、パンノニアに派遣されているケイオニウスが戦いで苦戦を強いられているとの情報が入る。彼がタイムスリップしたのは山の中で木の樽風呂に入るご老人の所でした。樽の構造と北島三郎の「与作」を持ち帰り、ケイオニウスを発端にパンノニアでは「与作」が大流行(笑)
ユートピアを建設では、草津へタイムスリップ。そこで、湯畑、湯もみなどを見学。混浴風呂や卓球、ストリップ、ラーメン、餃子などを取り入れ、襲ってきた山賊たちを改心させ、真面目な仕事を与えていました。混浴風呂で松島トモ子さんが獣と戯れている姿にはビックリしました。凄いな(笑)

テルマエ以外の設備は揃ったものの、肝心の温泉を掘り当てる事が出来ないルシウス。そんな時、ケイオニウスが病気を発症したとの知らせが届く。いっしょにタイムスリップして来た山越真実(上戸彩)は、「彼は結核なので隔離しないといけない」と言うのだが、アントニヌス(宍戸開)はその提案を拒否。すると、周囲に人たちまでバタバタ倒れてしまう。
ケイオニウスに呼び出されたルシウスは女性たちへの手紙と共に生き別れの兄に会いたいと言う。しかし、彼こそが一部の元老院と手を組み、ローマ帝国を混乱に陥れていたのだ。真美は持っていた本(ラテン語表記が有る歴史本)を見咎められ、魔女の烙印を押されてしまう。
ルシウスは平たい顔族の指圧師を連れ帰り、弱っていたハドリアヌス帝の病状を回復させ、自身は真美の元へ向かう。グラディエーターのアケボニウス(曙太郎)の助けもあり、真美の救出に成功。ケイオニウス兄に攻められるのだが、ケイオニウスによって助けられる。それと同時に温泉を掘り当てる事に成功。
真美は、「歴史ではテルマエの建設中に死亡してしまう」と言うのだが、ルシウスは「テルマエで死ねるなら本望だ」と言ってお別れ。
真美が書いたルシウスの物語を漫画にした「テルマエ・ロマエ」が大ヒット。映画化も決まり、さぁ、撮影するぞ!!!・・・と言う時にルシウスが井戸から登場して終了。

終演後、北島三郎の「与作」があちこちから聞こえて来ました(笑)
松島トモ子ネタは年代的に知らないのかな?
トイレのシーンでは大爆笑!おならなどの悪臭を吸い取ってくれるのを奴隷がやっていたり(ルシウスの想像だけど可哀想だった)、良い香りも奴隷が花を撒いていたりしてました。ビデを押して、「そこじゃないんだ!違う!!」と叫ぶシーンは最高でした(笑)
阿部ちゃんの身体が鍛え上げられていて素晴らしかった。
上戸彩ちゃんは可愛かった!入浴シーン有!!
ケイオニウスの兄はゲイらしく、ルシウスの尻を揉んでました。
ケイオニウスは意外(?)と部下想いの良い人だった。
ルシウスがラーメンと餃子を食べて、「美味っ!」となるシーンは面白かったです。そして、ホントに美味しそうだった(笑)
原作とはちょっと違うけど、小難しい事が考えずに楽しめる映画です。お勧め!
[PR]
by garparty | 2014-05-02 23:18 | 映画