saiの腐女子日記 garparty.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

複製された男


ジェイク・ギレンホール主演の映画、「複製された男」を観に行って来ました。

冒頭、怪しげなクラブに人が集まっている。ステージ上では金髪美女が自慰しており、多くの男性たちがそのショーを見学していた。そこへ蓋の付いた銀のお盆が運び込まれる。蓋を取ると出て来たのは1匹の大きな蜘蛛。金髪美女が高いヒールでそれを踏み潰そうとするのだが?

以下、ネタバレあります。



大学で歴史を教えているアダム(ジェイク・ギレンホール)は、恋人メアリー(メラニー・ロラン)と変化の無い毎日を過ごしていた。そんなある日、同僚から「道は開かれる」と言う映画を勧められる。あまり気乗りはしなかったが観てみると、自分にそっくりな俳優が出演していた。
俳優の名前はアンソニー(ジェイク・ギレンホール/二役)と言い、他2本の映画に出演していると言う事が分かった。アダムは憑りつかれたかのように彼の事を調べ、アンソニーが所属している事務所を訪れる。アダムをアンソニーと間違えた警備員から、「此処6か月ほど姿を見ていなかったな」と声を掛けられ、彼宛ての封筒を手渡される。
アンソニーの自宅住所を手に入れたアダムが彼の家へ電話してみると、妻ヘレン(サラ・ガドン)が出てアンソニーと間違われてしまう。顔が似ているので声も似ているらしい。ストーカーと勘違いされながらも、アダムはアンソニーとホテルの1室で会う約束をする。
アンソニーがコソコソ何かをしているので浮気しているのではないかと疑ったヘレンは身重の身体を押して、夫が持っていたメモを手掛かりにアダムが講師を勤めている大学を訪れる。そこで、夫そっくりのアダムと出会い、驚愕するヘレン。アダムは硬直しているヘレンがアンソニーの妻だと知らずに話し掛け、「大丈夫?何か月??」、「6か月です」と言う短いやり取りをしただけで、別れてしまう。
それから数日後、アンソニーに指定された部屋で待つアダム。やって来たアンソニーはあまりにもそっくりだった上、身体にも同じ傷があるのを知らされたアダムは怖くなり、彼宛ての封筒を返すとその場から逃げだしてしまった。
母親からの忠告に従い、アダムは何もかも忘れて、以前と同じ変化の無い生活へ戻ったのだが、メアリーに興味を抱いたアンソニーはアダムを脅して自分と1日だけ入れ替わる事を強要した。結婚指輪を外してメアリーとデートをするアンソニー。一方、アダムはアンソニーの自宅を訪れたのだが、ヘレンから「授業はどうだった?」と尋ねられてしまう。ヘレンは彼が夫ではなく、アダムだと言う事が気付いている様だ。
アンソニーはヘレンとのセックスを楽しんでいたが、指輪の跡に気付かれ、彼がアダムではなく別人だと言う事がバレてしまう。帰りの車中で大喧嘩に発展してしまい、事故を起こして2人は死亡(?)。
アンソニー宅で朝を迎えたアダムが彼の服に着替えていると、ポケットからあの時の封筒が出て来る。アダムがその封筒を開けると、鍵が1つ出て来る。
ヘレンに向かって、「今夜どうする?僕には用事があるんだけど・・・」と言うのだが返事が無い。アダムが彼女の居る部屋へ向かうと、そこには大きな蜘蛛が待っていたのだった。

あまりにも理解出来なかったので(脳力無し・笑)ネタバレを見てみると・・・

浮気をしている既婚男性の話。彼が浮気相手から妊娠している妻の元へ戻るまでを潜在意識の視点から描いた映画。

・・・との事(監督曰く)

つまり、アダムとアンソニーは同一人物。
アンソニーはアダムの過去(?)で、昔は俳優として映画にも出ていたが(出演作3本のみ)、ヘレンが妊娠したので(6ヶ月前)、現在は大学講師として地道に働いている。
メアリーは過去の浮気相手(?)だが、未練がある。
アンソニーとメアリー交通事故が浮気願望が消滅した象徴(?)だったが、秘密クラブ(映画冒頭)への鍵を手に入れたので浮気願望が再び浮上(今夜用事がある)。それを聞いたへレンが怒り、蜘蛛に変わる(蜘蛛は母性の象徴)・・・と言う内容ではないかな?と思いました。

よく分からない映画でした。観終わった瞬間、 ( д) ゚ ゚ となったのは久しぶりです(笑)
[PR]
by garparty | 2014-08-08 10:51 | 映画